手積みの31ft

手積みさんのダラダラと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俺と息子と親子ゲーム

ども (・ω・)ノ
カテゴリ…未分類かな。

今回は、懐かしいドラマ
「親子ゲーム」なんです!
要はコレ観て思ったことをダラダラ書いてみよう的な今回のブログです。

コトの発端は、まず「とんぼ」なんです。
そーです、皆さんご存知の長渕剛さんのドラマです。
コレ、高校のときだったと思う。
かっこ良かったし、歌もカラオケでよく歌った。
あの頃のドラマって、ホントいいですよね。

で、当時、なんで「とんぼ」を観出したかというと、長渕剛さんが出るからなんですね。
この頃、アーティストなのに俳優として大好きだったんです。

そのキッカケが、「親子ゲーム」なんです。

で今回、ちょっと観れる機会があったので、まず「とんぼ」観て、それから「親子ゲーム」を観たワケ。

1986年なんですね。
土曜夜9時放送だった。
自分とさほど歳が変わらないマリオくん。
スーパーマリオがメッチャ流行ってた時代。

そーそー!
いつもは、8チャンの洋画観るのに、その日は興味がない映画だったから観ずにチャンネルをガチャガチャ。
オープニングにスーパーマリオが出たもんだから観出したハズ。

で、終わりまで。
テンポが良かったんで、観続けたんだ。

それから見逃した回はあっただろうけど、最終回まで観ました。

志穂美悦子さんも好きだったこともあるんだけど、親父がいない自分にとって、下町育ちの自分にとって、憧れの理想のカップルだった。

ただ当時、自分とさほど歳が変わらないマリオくんがあまり好きではなかった。
じれったい感じが嫌だったのかなぁ。

でもドラマは好きだった。

あの時は、マリオくんを自分に置き換えて観てた。

アレから30年近く経った今…

いや、マジで、メッチャ面白い!
最終回のラストシーン、泣けてきたよ。
。・゜・(ノД`)・゜・。

今回は、タモツを自分に置き換えるのではなく、マリオくんを息子に置き換えて観てた。

つーか、マリオくんが息子に見えて見えてしょうがなかった。
(^ω^)

息子は5年、マリオくんは4年。
この年頃って、なんだろ?
自分の感情を出したくないのかな?

息子もゲームばっかやって、言うことはきかない、やりっぱなし、返事もしねぇ。

でもね、挨拶や外での敬語、水泳、学校での音楽、結構頑張ってんだよねー!

だから、あんまガタガタ言わないの、俺も。

なんかねぇー、マリオくんが息子に見えてきて、好きでなかったマリオくんが30年の時を経て、好きになって可愛くてね。
(^ω^)

前のブログに、プラトーンを見た時の感じ方の違いなんを書いたことがあった。

頭の中は中2でも、歳とって、家庭持って、あの頃好きだった映画やドラマを観るのって、ホント面白い!

ホントいいドラマだなぁ~、親子ゲームって。
自分の感情を押し殺してしまいがちな年頃のマリオくん、その対照的に嬉しいときは喜び、悲しいときは泣き、怒るときは感情をあらわにして怒るタモツ。

タモツっていいなぁ~
でも、カヨさんがいるからなんだと思う、ってみんなそう思うね。
(^ω^)

で、あまりにものめり込んでしまって、その世界に浸りたく、行ってしまいました!

たまたま仕事が近くだったもんで。

劇中の時と建物一緒かなぁ?
駅名の看板が、字が書いてあった物から、電気が点くようになってる。

昔、中学のとき部活でこのあたりの中学にきましたねぇ。
アレ、堀切だった。
あん時、古い電車だったと思う。
クリーム色の8000系が主流だったんだろうけど。


あの電車が出発して…

振り返ると、りょうもう号かな?

今じゃコレ走ってるし。


いいなぁ~、この辺。
落ち着く…( ̄▽ ̄)


近くに九十番ラーメンがありそう!
(^ω^)

でもあるのは、ラーメンみゆきさんです。


ただね、親子ゲーム観て思ったことがある。

タモツとカヨのやり取りを観てると…

俺んちじゃん ( ;´Д`)

こんなカップル、夫婦になりたいなぁ~って思ってた。
トレンディドラマみたいなスタイリッシュなカップルでなく、最近のドラマみたいなキラキラした感じでもない。

人間味が溢れ、下町育ちで気取らず、自分の身丈にあってて、窮屈でなく、明るく楽しい家庭。

そんな感じになってたんだ。

俺も捨てたもんじゃないな。

今、その嫁は、婆ちゃんとお袋と娘とで、大声で花札やってます
(^∇^)
スポンサーサイト
  1. 2015/09/22(火) 08:12:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。