手積みの31ft

手積みさんのダラダラと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじめました。

鉄道模型のSNSもやっていますが、好きな物や事がたくさんあるので、始めました。
いろいろ勉強になるかなと思いまして。



今日は、羽田にいます。
ビクティニが描いてある飛行機は初めて見ました。

子供たちと乗ってみたいですねー!

つるのさんが歌うポケモン言えるかなの1番を覚えて、嫁の留守電に入れておき、息子が聞いたときは尊敬の眼差しでした。

さて…
第一回目ですからねー、

私は、下町育ちです。
今は無き、築地の病院で産まれました。
親父方の祖父は浅草で大工、祖母も平井出身とチャキチャキの江戸っ子。
寅さんがあまり好きではなかった。子供の頃、親戚が集まる時の光景に似てたから。
爺さんは若くして他界、婆さんが女手一つで三人の息子を育てる。長男が俺の親父。

婆さんは勝鬨橋の上で魚売ったり、爺さんが大工の関係で土方仕事やったり、渋谷の雑居ビルでちょんの間の受付やったり、くず鉄屋?やったりと、なんかいろいろ経験をしたらしい。たぶん昭和30年くらい。
半端なく男らしく、現在87歳であるが、腕立て伏せ10回やる!

いつもニコニコしていて人望が厚く、友達も多い。
空襲時、焼夷弾から弟妹達を守り逃げたらしいが、戦争の話しを聞いてもあまり語らない。
俺が産まれたときには、とある会社で事務をしていた。
そんな婆さんは、誰よりも尊敬できる人。

親父とお袋は、銀座にあるとある大手の企業に勤めていて、知りあって結婚。2人とも辞めなければ良かったのに、もともとヤンチャな親父は、転職。
ホストになる…。
気がついたら、親父がギラギラした出で立ちで夜出勤、朝帰宅。
そのうち帰ってこなくなる…。
今から30年前に、派手なデカいアメ車を乗り回していた。
銀座で目立つように、デカいラメ入りでオールペンされていた。
先日、親父に聞いてみた。
当時、あの車にあのカラーでは、相当お金が掛かったと思う。ホストとはいえどーしたのか?
親父曰く…
ト◯コのオンナが、「コレで車買いなさい。」と数百マンくれたらしい。
子供の頃は親父がキライだったが、ある意味こんなカッコいい親父は他になかなかいないと思った。
チョイ悪ではなく大分悪いが、今では自慢の親父だね。

お袋も夜のニオイがする。
今はあんま、仲良くないんだよねー。
メンドクサイ。

HNが手積み手降ろしだが、何故か?までなかなかたどり着かないなぁー。

こうして忘備録としてブログで残しておくの、いいですね。
子供らが大きくなったら、是非読んでもらいたい。

次は趣味のことについて書きたいです。

HNまでは、ヒマなときに書いて行こうと思います。

ノシ
スポンサーサイト
  1. 2011/09/16(金) 13:44:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型 1 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://128otoya.blog.fc2.com/tb.php/1-d799d301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。