手積みの31ft

手積みさんのダラダラと。

ガンプラ 1

今日は、墓参り。
その帰りに叔父の家に寄りました。
と、そのとき息子と抜け出し…
おメメを買いに。HGUCのグフカス用です。


ガンダムのプラモデル…
30年経った今も、トキめいてしまう魔法の言葉。

30年前、社会現象にもなりましたね。
デパートのエスカレーターでは事故もあったし。

出会いは…、近所のお兄ちゃんだったかなぁ、友達のお兄ちゃんだったか。
鉄道模型を手にする一年前のことだ。
なので、ガンプラも鉄道模型もほぼ同時期。
といっても、車も大好きなので車のプラモも買ってる。
あまり裕福ではなかったので、ファミコンデビューは遅い。
なので、プラモで安上がりだったのかも。

たしか小学三年生、初めて買ったのは144分の1のズゴック、100分の1のガンキャノン。
スケールを統一するという概念は全く無く、買えれば良かった。
まず、買えなかった。

近所のお兄ちゃんがザクに色を塗る。
それを真似してズゴックを塗ってみる。
青と赤と白で塗った。なんでトリコロール? オリジナリティを出したかったのか?
うすめ液を知らない為、お袋の除光液を使う。
知ってる方は覚えていると思いますが、肩の付け根の造りがクセがあって、お察しのとおり肩がまわらなくなる。

でも、でも!カッコ良かった。
ガンキャノンはナゼか壊してしまい、階段の隅でゴミになってた。

再放送で本格的に観たのだ。
当時剣道を習っていて、急いで帰って観た。
この辺が子供だなぁ~と思うのが、ついつい友達と駄菓子屋に寄ってしまうと、帰り着いた頃にはエンディングテーマ…
地球とキャラが全員集合、寂しい瞬間。

その後もなかなか買えない。
例の模型屋さんに行っても、あるのは木馬だけ。ブライトさんには悪いがいらない。

裏のお兄ちゃんの家に遊びにいったときのこと。
ガンキャノンを作っている。今買ってきたとのこと。もちろんどこか聞いて家に帰り買いに行く。商店街のおもちゃ屋さんだった。ガンキャノンだけあった。もちろん100分の1。ナゼもちろんかというと、144分の1のガンキャノンは、発売されるのが遅かったからだ。

今回ばかりは、丁寧に大事にという気持ちがあった。
完成。
コアブロックが素敵!
カイシデンだけではなく、アムロだって搭乗したのだと言い聞かせる。
ホントはガンダム欲しいもんね。

しかし、RX-78はなかなか買えない。
100分の1のドムが次くらいだったか。
ジオングにいたっては、テレビよりもプラモで見たのが先だったかという勢い。

筆である程度塗れる気がした頃、ガンプラが原因で家庭内で大騒ぎの事件を起こす。

ガンプラ禁止令が発令?!

つづく ノシ
スポンサーサイト
  1. 2011/09/19(月) 21:40:28|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型 2 | ホーム | 鉄道模型 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://128otoya.blog.fc2.com/tb.php/3-8d40c7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)