手積みの31ft

手積みさんのダラダラと。

鉄道模型 2

ウェザリングが大好き!
ヘタクソなんですが…(^_^;)

コンテナも、たまに作ります。
最近、作ってないなぁ (・_・;

先日、息子と貸しレに行った時のヒトコマ。



この桃太郎は、まだ汚してないですねぇ。
0番台、トップナンバーにしてます。
桃太郎と横っ腹にデカデカと描かれていない控えめな桃ちゃんが好き。

走らせるのも大好きです。
鉄道模型もバイクも、走ってナンボ!
と、勝手に思っています。

さて…
四年生で初めてNゲージを買ってもらったワケですが、婆さんに買ってもらったのは覚えています。しかし、なんの時に買ってもらったのかは忘れてしまいました。
初めての車両は、カトーのキハ。
ライトも点かないモデルでしたねぇ。
乗ったこともないのに、キハ。
いや、徳島で乗った。コレでは無いけど。
理由は、安いから。
パンタグラフも無いですから、壊す心配もない。
色は、スカ色。国鉄標準色というのも最近知りました。
一般色やタラコは馴染みがないけど、その頃113系で見ていたのでコレをチョイスしたんですね。安直。

今では、大糸線キハ52のバラシ標準色を買ってニンマリ (^∇^)
30年経っても、かわってないッスね。


そう、例の模型屋さんで買ってもらったんです。

レールは?

買いません、車両のみ。

そーなんです!
先日書きましたが、この模型屋さんにはレイアウトがあって、ここでM車を購入すると走らせることができたんです!

今では当たり前になっているレンタルレイアウト、貸しレ。
俺にとっては、お座敷よりもお店のレイアウトの方が定番でした。

レイアウトは2線あって、待避線やヤードもそこそこありました。
ポイントは手動。
現代の貸しレに比べれば小さいものの、十分な規模でした。

料金は、無料。素晴らしい。
ただし、免許証がないと運転できない。
ここが子供心を熱くさせるところであって、上手いとこついてる。
免許証…、もちろんこの模型屋さんのものである。
M車を購入すると、もらえる。
ビニールのケース付き。
名前を記入し、出来上がり。
これがホントうれしかった。ステイタスシンボル。

ちょうど免許証が入るように細かく仕切られた箱があって、そこに免許証を入れておく。順番もこれでわかる。
お店のおじさんやおばさんにも、だんだん名前を覚えてもらえる。
一回の走行は20分で、タイマーで電源が切れる。
混んでるときもあったので、昔は賑わっていたのが伺える。
いくつも年上のお兄さんと一緒になったりすると、緊張感したもんだ。

顔も覚えてもらい、車両も増え、脱線もしなくなった頃、免許証に「優」のハンコを押してもらえる。
コレがまたカッコイイわけ。
サイコーにうれしかった。

小学生だって忙しいもんだ。
勉強や剣道、友達と外で遊ぶ、駄菓子屋に行く…などなど。
平日ならガンプラ買いに行きながら、Nゲージも持って行く。決してついでではなく、両方ともメイン。
あとは日曜日によく行った。

このレイアウトは自分の知る限りでは一度改修される。そして模型店自体が改修されるときになくなってしまう。残念。
実際には小さいレイアウトはある。
M車購入時の試走チェックに使用される。
先日、スハフ42を購入したのだが、やはりチェックさせて頂けるので安心。

ある日親父がフラッと帰ってきた。
帰ったのではなく、「寄った」のが正解。
そのときすでに母子家庭度90%だったので、何かソワソワする。
親父が何か買ってやるというので、模型屋さんに行く。
いつもは、婆さんに貰った小遣いやお年玉で買っていたNゲージだが、レールまで手が回らない。
この時、親父にはレールを買ってもらうことにする。
お袋、婆さんは、日常。
親父は、非日常。
車両は、日常。
だから、レールを選んだ気がする。

その後、親父に何か買ってもらうのは、18になり車を買ってもらうまで、無かった。

今度出るヤツかな?103系。
ロマンスカーが欲しいけど、なぜかパノラマカー。
プラ車輪のブルートレイン。
そして、貨物たくさん。
罐も買った。
裕福ではなかったワリには、なんとか集めていった。
最後に185系リレー号を買ってもらい、Nゲージ第一章が終了する。

つづく ノシ
スポンサーサイト
  1. 2011/09/20(火) 08:39:57|
  2. 鉄道模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型 3 | ホーム | ガンプラ 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://128otoya.blog.fc2.com/tb.php/4-bcc01561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)